「2016年10月」の記事一覧(2 / 4ページ)

カラダにあるヒアルロン酸の量は…。

今注目されつつある「導入液」。巷では「プレ化粧水」「拭き取り美容液」「ブースター」などのような名前でも売られて・・・

「美白と腸内環境は全く関係ない…。

残念ながら、この2年くらいで毛穴が広がってしまったようで、お肌の締まりもなくなったと感じています。そのおかげで・・・

ここにきてナノ粒子化され…。

スキンケアにどうしても必要な基礎化粧品に関しては、ひとまず全てが一揃いになっているトライアルセットで、一週間前・・・

長期間外気にに触れ続けてきた肌を…。

長期間外気にに触れ続けてきた肌を、純粋無垢な状態にまで持って来るというのは、どんな手を使ってもかなわないのです・・・

注目の的になっている美白化粧品…。

驚くことに、1グラムざっと6リットルの水分を抱え込むことができるとされているヒアルロン酸という高分子化合物は、・・・

皮膚の肌荒れ・肌トラブルが心配なら…。

紫外線が原因の酸化ストレスで、ハリのある肌を持続させる機能を持つコラーゲン、ヒアルロン酸が少なくなってしまうと・・・

皮膚内部で反応性の高い化合物に変化した活性酸素が誕生すると…。

たくさんの人が望む美しい美白肌。色白の美しい肌はいつの時代も女性の憧れの的ですよね。シミ、そばかす、くすみとい・・・

もちろん肌は水分オンリーでは…。

少しばかり値が張る恐れがありますが、できるだけ自然に近い形態で、なおかつ身体の中に溶け込みやすい、低分子タイプ・・・

肌荒れをそのままにしていますと…。

いつも使用するボディソープなのですから、肌に刺激の少ないものを使うべきです。されど、ボディソープの中には肌に悪・・・

肌荒れを元の状態に戻すには…。

しわが目を取り囲むようにいっぱいできるのは、その皮膚が薄いせいだと考えられています。頬部分の皮膚の厚さと比較す・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ